関節治療オンライン

メニュー

半月板

2020.9.15

半月板損傷とは?症状や原因と、注射による治療について医師が解説

取材先の医師とクリニック

松田 芳和 先生

医療法人社団nagomi会
まつだ整形外科クリニック

半月板損傷とは?

半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にある繊維軟骨です。膝関節の内側と外側に1つずつ存在し、どちらもローマ字の「C」に似た形をしています。この2つの半月板が膝の関節を安定させると同時に、衝撃の吸収や荷重を分散させ、軟骨の保護を担い、膝のなめらかな動作を可能にしています。

半月板損傷とは、この半月板になんらかの要因で亀裂が入ったり、ひどい場合には断裂した状態を指します。半月板はレントゲンでは映らない組織ですので、損傷しているかどうかを確認するにはMRI検査が必要になります。

 

半月板損傷の症状・特徴

半月板を損傷すると強い痛みやいくつかの症状が発生します。ここでは半月板損傷の症状や特徴をご紹介します。

 

膝の曲げ伸ばしに支障

半月板を損傷すると膝を曲げたり伸ばしたりしにくくなることがあります。膝を完全に曲げ切ることができなくなったり、伸ばし切ることが難しかったり、動かそうとしたときに激しい痛みを伴うこともあります。また、本人にはパソコンのマウスをクリックしたときのような音(クリック音)がしたり、ゴリッ・キリッとした感覚が走ることもあります。

重症の場合には、断裂した半月板の一部が関節の隙間に入り込んで、激痛を伴って関節が動かせなくなる“ロッキング”という状態になることもあります。

 

治りにくさ

また、半月板損傷は治りにくいことも特徴です。というのも、半月板の外周約1/3は血行がありますが、それ以外の部分は血行がないため、修復に必要な栄養が運ばれにくいのです。よって、半月板損傷は放置してしまうと治りにくいのです。

仮に放置した場合でも、痛み自体は徐々に軽減することもありますが、半月板損傷そのものが修復することはほとんどありません。それだけでなく、半月板損傷を放置したままでいると膝の安定性や荷重に対する衝撃吸収力が損なわれ、年月を経ることで変形性膝関節症など別の疾患につながることもあります。半月板損傷の疑いがあれば早めに病院へかかるようにしましょう。

 

その他の症状

その他の症状としては、繰り返す膝における腫脹(水腫)が挙げられます。

ここまで述べてきた症状に当てはまる場合、半月板損傷が疑われますので最寄りの整形外科を受診するようにしましょう。

 

半月板損傷の原因とは

膝関節の動作に著しい障害をもたらし、生活にも支障をきたす半月板損傷ですが、どのようなときに損傷が生じるのかを解説していきます。

 

スポーツ

半月板損傷の原因で最も多いのは激しいスポーツです。たとえば急なターンやストップなどで膝をひねったりすると、急激に強い力が加わり、半月板がその負荷を支えきれず損傷につながります。
また、バレーボールやバスケットボール、陸上など、膝への強い負担が継続するようなスポーツや、ラグビー、アメリカンフットボールといった他の選手との接触機会が多いスポーツも半月板損傷の原因になることがあります。

 

加齢

スポーツ以外の原因としては加齢が挙げられます。年齢を重ねるにつれて半月板が変性し、弾力性が落ちてクッションとしての役割が衰えてきます。そうなるとこれまでなんともなかったような体重負荷でも損傷しやすくなります。たとえば、普通に立ち上がろうとするくらいの動作でも半月板損傷につながることもあるのです。

高齢になるにつれて、いままで問題なくできていた動作でも注意して行うようにしましょう。勢いよく踏み込まないようにしたり、階段は手すりを使用して上り下りをするなど、日常生活で半月板を守るように心がけましょう。

予防として、大腿四頭筋という太ももの筋肉を鍛えることで膝関節を安定化させ、半月板にかかる体重負荷を筋肉に分散させることは重要です。また、膝以外でも体幹や股関節、足関節のストレッチなども半月板を守るために有効です。

 

半月板損傷の注射による治療とは

半月板損傷をおこした際、損傷の程度や種類に応じて半月板縫合手術や損傷部位の切除術などを行い、その後リハビリを行いながら膝の機能を取り戻して行くことが一般的です。

ですが最近では、注射によって行う新しい治療法が注目されつつあります。この治療法は損傷が比較的軽い場合に限定されるものの、入院が必要ないという手軽さもあり、スポーツ選手を中心に多く取り入れられています。ここではその自己血液を活用する治療について紹介します。

 

PRP(多血小板血漿)療法

怪我をしたときにカサブタができ、しばらくして傷が治ったという経験は誰しもあるでしょう。それは血液に含まれる血小板の働きによるものですが、この働きを活用する治療方法がPRP(多血小板血漿)療法です。PRP療法では、自身の血液から採取した血小板を濃縮した抗炎症作用と修復作用のある液体を患部に注射します。

半月板損傷に対するPRP療法の効果は、PRPを関節内に注入することによって炎症が沈静化し、組織修復作用が起こることで疼痛が緩和、関節の腫脹も軽減されるなど、関節内の環境が改善されます。その結果、リハビリをはじめとした治療をスムーズに行えるため、比較的早い症状改善が期待できます。また、PRPを応用し、血小板の成長因子を抽出・濃縮活性化してフリーズドライ(約半年間保管可能)したPFC-FD療法など、自己血液を活用した治療はさらなる発展が期待されています。

自分の体組織から作られた成分を注入する治療であるため、アレルギーなどの副作用の可能性が低いことが特徴です。ただし自由診療であることから治療費は各医療機関に応じて変動します。また、どんな状況でも活用できるわけではなく、損傷が激しい場合にはやはり手術が必要になることもあります。半月板損傷の程度(断裂や逸脱など)や、合併している変形性膝関節症や骨髄浮腫の程度、個々の筋力やリハビリに対する姿勢などによって効果に個人差があります。

当院でPFC-FD療法を受けられた秋本真吾選手の記事も参考になりますのでぜひ御覧ください。

スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト The answer:半月板損傷=手術」じゃない “第3の治療”再生医療でスポーツ界の常識は変わるか

 

 

まとめ

まずは整形外科でしっかり診断をつけてもらい、そのうえで選択肢を考えましょう。

重症でロッキング(膝が動かせなくなる)などの症状がある場合には手術が必要となることも多いですが、しっかりと医師と相談し、メリット・デメリットを考えて納得できる治療を選択することが重要です。その中にはPRP・PFC-FDという選択肢もあるので、手術の前に一つの選択肢として考えてみても良いでしょう。

 

当記事をお読みの方は以下の記事もおすすめです

 

読んでわかる!疾患とその治療

近くの医療機関をみつける