関節治療オンライン

メニュー

2020.12.15

膝の裏に痛みを感じるベーカー嚢腫(のうしゅ)とは?

取材先の医師とクリニック

谷川 英徳 先生

白井聖仁会病院

ベーカー嚢腫(のうしゅ)とは

概説

1877年にベーカーによって、膝の裏に液体が溜まってしまう病気が報告され、現在はベーカー嚢腫(のうしゅ)として知られています。

関節の周囲には滑液包(かつえきほう)と呼ばれる、液体の詰まった小さな袋が多数存在します。滑液包は腱や靭帯の周囲に存在して摩擦を減らすことで組織を滑らかに動かす役割を果たしています。

 

膝の周囲には多数の滑液包がありますが、膝の裏にある滑液包(腓腹筋半膜様筋包)に何らかの原因で液体が溜まってしまうことがベーカー嚢腫の原因と言われています。

このベーカー嚢腫はサイズが小さいものであれば問題ありませんが、ときに大きくなり周囲の組織を圧迫することで、膝の動きや痛みの原因になることがあります。

 

大きいベーカー嚢腫は握りこぶし大の大きさとなり、皮膚の上からでも卵ほどの膨らみが見て取れます。

 

 

症状

膝の裏側に痛みを感じたり、痛みはなくても膝裏の違和感や不快感が生じたり、膝を曲げる時に圧迫感を感じることがあります。

また、膝裏には坐骨神経という足先へ通っている神経が存在し、ベーカー嚢腫が膨張することでこの神経を圧迫してしまい、膝を曲げた時に膝から下にしびれを感じることもあります。

 

まれに、大きくなりすぎたベーカー嚢腫が、圧がかかったときに破裂することがあります。その場合、ベーカー嚢腫の中にある関節液がふくらはぎの筋肉間に入り込み、ふくらはぎ全体の腫脹と強い痛みを生じます。

ベーカー嚢腫が破裂したときの症状はふくらはぎの痛みと腫脹であり、脚の静脈に血栓ができて詰まる”深部静脈血栓症”に非常によく似ています。ベーカー嚢腫の破裂であれば経過観察で軽快してゆきますが、深部静脈血栓症が原因の場合には、血栓が飛んで肺に詰まると命に関わる状態となるため、疑わしい症状があれば速やかに病院にかかるようにしましょう。

 

 

原因

ベーカー嚢腫の原因はいくつかあります。ここでは代表的な原因をご紹介します

 

変形性膝関節症や関節リウマチなど

成人に発生するベーカー嚢腫は、膝関節腔と繋がっていることが多く、滑液包に関節液が貯留することで発現します。

9割以上が変形性膝関節症、関節リウマチ、痛風、血清反応陰性脊椎関節症など、膝関節の病変を合併していると報告されています。

そのため、ベーカー嚢腫を外科的に切除しても、膝関節内の病変が治癒しない限り症状が再発することが多く、膝関節内の病変が治癒すると、自然とベーカー嚢腫は軽快します。

 

 

いずれの疾患も炎症に伴い関節液が溜まるため、膝関節の関節包が膝の裏と繋がっていると、膝の裏に関節液が貯留してゆきます。この場合、関節内から膝裏へは水が流れやすいが逆には流れにくい構造になっていることが多く、一度膝裏に水が入ってしまうと溜まっていく一方となり、ベーカー嚢腫が発生します。

 

過剰な運動・膝の使いすぎ

膝に過剰な負担がかかることでもベーカー嚢腫になることがあります。

ランニングやサイクリングで膝の曲げ伸ばしをやりすぎると、膝裏の腱と腱が擦れて炎症を起こし、滑液包に炎症が生じます。オーバーユースが原因の場合は運動の負荷を減らし、安静にすることでベーカー嚢腫は自然に軽快してゆきます。

 

ベーカー嚢腫の治療

ベーカー嚢腫があったとしても、無症状やサイズが大きすぎない場合には経過観察を行います。ただし、ベーカー嚢腫が大きくなり症状が出る場合には治療を行います。

 

穿刺(せんし)

まず始めに行う基本的な治療は針を刺して水を抜く処置で、これを「穿刺(せんし)」といいます。ベーカー嚢腫は関節液が溜まった袋ですので、針を刺して中の水を抜けば大きさは小さくなり、膝裏の症状が改善します。

ただし、ベーカー嚢腫は再発しやすく、また水が溜まってくることがあります。再発を繰り返す場合には、穿刺した後に炎症を抑えるステロイド剤を注射することもあります。

 

手術

ベーカー嚢腫が巨大で神経症状(下肢の痛みやしびれ)や血管症状(血管を圧迫することによる下肢の痛み)を伴う場合や、何度穿刺を行ってもすぐに再発してしまうような場合には、手術によって嚢腫を摘出する方法を選択します。

皮膚を大きく切開して、直接ベーカー嚢腫の袋を切除し、関節腔との交通路を切除する方法や、関節鏡を用いて嚢腫を切除する方法があります。

手術によりベーカー嚢腫を摘出すれば、根本的に関節液が溜まって腫れる原因を除去できるため、再発率は低くなります。

 

まとめ

ベーカー嚢腫は整形外科の日常の診察でも比較的よく目にする疾患です。大きさが小さければ経過観察で十分ですが、大きくなると膝の動かしにくさや、神経血管症状(下肢の痛みやしびれ)を起こすことがあり、その場合は穿刺や手術を行います。膝裏が腫れる原因には、ベーカー嚢腫以外にもガングリオン、脂肪腫などの病気がありますので、整形外科で診察を受けてください。

 

当記事をお読みの方は以下の記事もおすすめです

 

 

※参考

…「腓骨神経麻痺を呈した膝窩嚢腫の1例」整形外科と災害外科 67巻(2018)1号 原 光司 et al.

…「総腓骨神経刺激症状を呈した膝窩嚢腫の一例」整形外科と災害外科57巻(2008)4号 田原 隼 et al.

…「ベーカー嚢腫破裂と下肢静脈血栓症の鑑別」静脈学23巻(2012)3号 松本 春信 et al.

…「図説 膝の臨床」メジカルビュー社 冨士川 恭輔

…A Popliteal Cyst Responsible for Acute Lower Limb Ischemia Salomé Kuntz  et al.

…Popliteal cysts: a current review Alyssa M Herman  et al.

…Arthroscopic treatment of popliteal cyst and visualization of its cavity through the posterior portal of the knee Masaaki Takahashi  et al.

読んでわかる!疾患とその治療

近くの医療機関をみつける