関節治療オンライン

メニュー

靭帯

2021.3.4/最終更新日:2021.3.5

膝外側側副靭帯(ひざがいそくそくふくじんたい)損傷とは?

取材先の医師とクリニック

膝外側側副靱帯(ひざがいそくそくふくじんたい)損傷とは

膝外側側副靱帯とは

膝には4本の靭帯があります。それぞれが各方向にかかるストレスに抵抗することで関節が異常な方向に曲がってしまわないように膝を守る役割があります。

膝外側側副靭帯はそのなかで膝のお皿の外側を通って大腿骨(だいたいこつ:太ももの骨)と脛骨(けいこつ:すねの骨)をつなぐ靭帯です。膝から下の部分が内側に反りすぎないように抵抗して膝を守っています。

 

膝外側側副靭帯の損傷

膝関節を守っている膝外側側副靭帯は、膝の内側に外方向の強い衝撃を受けて膝が真横に飛び出すような力が加わることで損傷します。また、膝から下を内側に強くひねったりすることで損傷してしまうことがあります。

この怪我を膝外側側副靭帯損傷と呼びます。膝外側側副靭帯だけを単独で損傷することは珍しく、膝に通っているその他の靭帯や半月板を同時に損傷することが多いです。

また、膝外側側副靭帯に強い力が働くことによって、靭帯の付け根である骨が剥離骨折してしまうこともあります。

 

症状

痛み

膝外側側副靭帯を損傷すると、膝の外側に強い痛みがでてきます。膝の外側を圧迫したり、膝を曲げ伸ばしした際にも膝の外側に痛みが感じられることがあります。

また、痛みに加えて膝の外側に腫れが生じることもあります。

 

不安定感

膝外側側副靭帯を損傷すると膝関節に不安定感が現れます。不安定感が強くなる動作は2つで、あぐらをかくような動作と、スポーツなどで素早く方向転換する動作(カッティング動作)です。

膝を内側に反る際の安定化装置が壊れている状態なので、膝の横方向に体重や力がかかる際に不安定感が強まります。

 

腓骨神経麻痺

膝の外側側副靭帯の損傷は、稀に腓骨神経麻痺を伴うことがあります。

腓骨神経とは太ももの中間から足先までを通る神経です。膝周辺では外側側副靭帯と同様に外側を通っているため、外側側副靭帯の損傷に伴ってダメージを受けることで、膝から下に一部感覚麻痺をもたらすことがあります。

 

具体的には外側側副靭帯がちぎれてしまったような場合に、脚の後方から前方にかけて走っている腓骨神経がダメージを受け、脚の外側から足の甲にかけての感覚が鈍くなったりしびれたり、足首から先を上に反らすことができなくなったりします。

外側側副靭帯の損傷が軽微な場合にも、損傷に伴う炎症に応じて腫脹(腫れ)が生じることで腓骨神経を圧迫することがあり、その場合には軽いしびれなどの症状を呈することもあります。

 

損傷の原因

交通事故

膝外側側副靭帯はストレスから逃れられない状態で強い衝撃がかかることによって損傷するため、日常生活で損傷につながることはあまりなく、損傷の原因としては、交通事故(たとえばオートバイに乗っている状態での接触事故)などがあげられます。

通常、股関節が回旋することでストレスを逃しますが、オートバイの場合、脚の内側にエンジンが存在するために股関節が回旋できず、衝撃が直に膝外側側副靭帯へかかるため、靭帯が伸び切って損傷や断裂を引き起こしやすいのです。

スポーツ

交通事故以外に膝外側側副靭帯を損傷する原因になりうるのは激しいスポーツで、他の競技者と接触機会の多いラグビーや柔道といったコンタクトスポーツでその傾向は高まります。

例えばラグビーにおいては、他の選手から膝の内側にタックルを受けることで膝の外側が伸ばされて、膝外側側副靭帯が伸展に耐えられず損傷や断裂することがあります。

柔道においても膝から下を内側に向けて足払いされたときに膝の外側が伸びて損傷することがあります。

コンタクトスポーツで膝の外側が伸びるような動きで痛めた場合は膝外側側副靭帯の損傷を疑ってもよいでしょう。

 

診断

徒手検査、つまり医師が手を使って検査を行います。靭帯ストレステストと呼ばれる方法があり、膝外側側副靱帯の損傷を疑う場合には、仰向けに横になった患者の足首を膝に対して内側に引っ張るようにして痛みや不安定性の有無を確認します。

靭帯損傷の重症度は3段階で評価されます。その分類は下記のとおりです。

グレードⅠ 主な症状は痛みだけで、靭帯ストレスチェックでは膝関節に不安定性が出ない状態。
グレードⅡ 靭帯ストレスチェックを行ったときに少し不安定感を認める状態。
グレードⅢ 靭帯ストレスチェックを行ったときにかなりの不安定感を認める状態。他の靭帯の損傷や半月板損傷も疑われる。

より精度の高い診断のために画像による診断を行う場合もあります。靭帯組織は通常のレントゲンには映らないため、正確な診断にはMRIでの検査が必要です。

 

膝外側側副靱帯損傷の治療

保存療法

主に膝外側側副靭帯が単独で損傷しているのであればほとんどの場合で保存療法が選択されます。保存療法とは手術などの外科的治療を行わずに、身体の自然治癒力を活用する治療方法です。

多くの場合、筋力トレーニングによってこれ以上外側側副靭帯に負荷がかからないようにする治療を行いますが、すぐに筋肉はつきませんので、まずはサポーターなどの装具で膝を固定することで筋肉の代替とすることがあります。

サポーターで固定したことによって膝の可動域が低下しないように可動域訓練も取り入れて治療後の生活に支障をきたさないようにしていきます。

 

手術療法

膝外側側副靭帯が単独で損傷している場合は完全に断裂していたとしても保存療法を選択する場合がほとんどですが、複数の靭帯が損傷している場合には手術を選択することもあります。

実際に手術を行うことは少ないですが、患者さん本人の感覚として膝の不安定感が非常に強く、歩行しているときや階段昇降時での膝が抜けるような感覚がある状態ですと、将来的に半月板損傷などに発展してしまう恐れもあります。

したがって医師による診断と、上記のような自覚症状の有無を重視しながら手術の必要性を見極めることが重要です。

 

実際に手術を行う場合には、損傷・ちぎれた靭帯を別の組織を使って復元する再建術を取ることが多いです。多くは太もものハムストリングを使用して外側側副靭帯を再建します。

 

バイオセラピー

外側側副靭帯の損傷グレードが1〜2の比較的軽度な損傷であり、かつ痛みが慢性的になってしまっている方に対してPRP療法やPFC-FD療法といったバイオセラピーを実施する可能性はあります。

バイオセラピーとは、薬剤や手術など以外で、患者さん自身の体組織を活用する新しい治療です。PRP療法やPFC-FD療法は患者さん自身の血液に含まれる成長因子を活用し、持続力のある高い抗炎症作用と組織修復を期待するバイオセラピーです。

 

外側側副靭帯においては、損傷した筋肉や靭帯を狙って正確に投与したとしても、症状を改善できる確率は高くないでしょう。しかし、慢性的に炎症が続くのであれば打つことによる疼痛低減が期待できると思います。

また、ステロイド等の抗炎症・鎮痛作用のある薬剤に比べて副作用リスクも低いため、安心感もあります。

 

ヘバーデン結節という手指の関節包や靭帯が圧迫されて痛みを感じる疾患に対してPFC-FD療法を実施したところ、痛みが解消された例が報告されています。よって痛みの仕組みが似ている外側側副靭帯に対しても有効性は期待できるでしょう。

 

ストレッチ

外側側副靭帯損傷の場合、すべての下肢筋肉のストレッチが必要で、様々なストレッチを行います。膝だけでなく足首や股関節など、下肢のストレッチを全般的に行います。脚の筋肉のなかで膝だけに関わる筋肉というものはないので、脚全体のストレッチが必要になります。

医師や理学療法士による指導のもとでストレッチを受けたほうが回復が明らかに早いです。したがって、外側側副靭帯を損傷した場合には、リハビリテーション施設と連携のある病院に通院するべきといえるでしょう。

 

まとめ

外側側副靭帯を損傷している場合、患者さんの多くは強い痛みが生じていると思います。早く治すためには、なによりも整形外科に早期にかかることが大事です。

早期に整形外科にかかることによって治療方針も早く組み立てることができます。

 

 


※参考

…「膝外側側副靱帯, 膝窩筋腱損傷により posterolateral instability をきたした一例」整形外科と災害外科 47巻 (1998) 2号  阿部 靖之 et al.

…「膝関節靭帯損傷」慶應医学 vol.80,No.3(2003.9),p77-85  松本秀男

…「膝の最前線 膝の外傷を中心に」理学療法科学23(2):335–340,2008  高橋邦泰

読んでわかる!疾患とその治療

医療機関を探す

キーワードから探す

条件から探す

都道府県
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
治療方法